FC2ブログ

ブッチャーズブルーム100mg


ブッチャーズブルーム100mg


ブッチャーズブルームの日本名はナギイカダと言われており、北西ヨーロッパから地中海の地域を原産として、利尿剤などとして泌尿器系の疾患に以前から使用されていたユリ科の植物です。ブッチャーズブルームにはサポニンの一種であるルスコゲニンやネオルスコゲニンが含まれており、これらの成分が動脈硬化の予防や血液循環の促進・利尿作用などを高める働きを持っています。

ブッチャーズブルームの効果は主に6つあります。

1つ目は、慢性静脈不全を改善する効果です。慢性静脈不全は、静脈の血流が悪くなり、下肢に血液が滞ってしまうことで起こる疾患です。下肢からの血液が上手く循環されないことで、むくんでしまったり・痛くなったり・倦怠感・足のつり(こむらがえり)などの症状があらわれます。ブッチャーズブルームは血液の循環をスムーズにするために、血管を柔らかくし、血行を促進することで、慢性静脈不全で起こる症状が改善されます。

2つ目は、むくみを改善してくれます。ルスコゲニンにはむくみ症状に対して、静脈血管を収縮させ、血液循環を促進し、利尿作用を促進する働きがあります。

3つ目は、皮下脂肪であるセルライトを改善してくれます。細胞内の不純物の排泄を促してくれるため、セルライトを含む不純物が体内に蓄積されることを防ぎます。

4つ目は、痔核を改善してくれます。血流が滞ることで起こる痔核を血流を良くし、痔核を改善する働きがあると言われています。

5つ目に、白血球に働きかけ炎症反応を緩和する働きがあるため、抗炎症作用を持っています。

6つ目は、動脈硬化を予防する働きがあります。動脈硬化は血液内の脂質が酸化し、固まることで血流を妨げますが、この脂質が酸化することを防ぎます。そうすることによって血管の動脈硬化を防ぎ、血流を改善・冷え性の改善の効果が期待できます。ブッチャーズブルームは1粒にこれらの様々な効果を期待ですることができるため、幅広い症状の方にご利用いただけます。また、ドイツではダイエット効果もあるとして、使用されているため、ダイエット中の方にもオススメです。

ブッチャーズブルーム100mg
スポンサーサイト

ロザリップ(クレストール)20mg


ロザリップ(クレストール)20mg


ロザリップ(クレストール)20mgは、高コレステロール血症や、先天的に起こる高脂血症のひとつである家族性高コレステロール血症などの脂質異常症を治療する薬です。コレステロール値を下げるには、コレステロールの約8割は肝臓でつくられるため、肝臓でのコレステロール合成を抑制するのが効率的です。有効成分ロスバスタチンは、肝臓でのコレステロール生成に関係するHMG-CoAリダクターゼ還元酵素に結合し、不活性化させる、スタチン系薬剤です。 さらに余分なコレステロールを胆汁酸として排泄させる働きもあります。ロスバスタチンは、コレステロール生成を抑制しつつ肝細胞のコレステロール取り込みを増強させて、強力に血中コレステロール減少させます。

コレステロールは、ホルモンやビタミン、体内に細胞の細胞膜などをつくる脂肪分で、人体にとって必須物質です。約8割は肝臓などで作られ、残りは食物から摂取されます。LDL-コレステロールは動脈硬化などを引き起こす原因となることから、悪玉コレステロールと呼ばれます。善玉コレステロールと呼ばれているHDL-コレステロールは、体の各部分から余分なコレステロールを取り除いて肝臓に再送したり、LDL-コレステロールの酸化を防ぐため、動脈硬化防止の働きもあります。この2つのコレステロールは、通常バランスを保っています。しかし脂質異常になると、LDL-コレステロールの割合が増え、血管が詰まりやくなってしまいます。

ロザリップ(クレストール)20mg

ロザリップ(クレストール)5mg


ロザリップ(クレストール)5mg


ロザリップ(クレストール)5mgは、高コレステロール血症や、先天的に起こる高脂血症のひとつである家族性高コレステロール血症などの脂質異常症を治療する薬です。コレステロール値を下げるには、コレステロールの約8割は肝臓でつくられるため、肝臓でのコレステロール合成を抑制するのが効率的です。有効成分ロスバスタチンは、肝臓でのコレステロール生成に関係するHMG-CoAリダクターゼ還元酵素に結合し、不活性化させる、スタチン系薬剤です。 さらに余分なコレステロールを胆汁酸として排泄させる働きもあります。ロスバスタチンは、コレステロール生成を抑制しつつ肝細胞のコレステロール取り込みを増強させて、強力に血中コレステロール減少させます。

コレステロールは、ホルモンやビタミン、体内に細胞の細胞膜などをつくる脂肪分で、人体にとって必須物質です。約8割は肝臓などで作られ、残りは食物から摂取されます。LDL-コレステロールは動脈硬化などを引き起こす原因となることから、悪玉コレステロールと呼ばれます。善玉コレステロールと呼ばれているHDL-コレステロールは、体の各部分から余分なコレステロールを取り除いて肝臓に再送したり、LDL-コレステロールの酸化を防ぐため、動脈硬化防止の働きもあります。この2つのコレステロールは、通常バランスを保っています。しかし脂質異常になると、LDL-コレステロールの割合が増え、血管が詰まりやくなってしまいます。

ロザリップ(クレストール)5mg

ロザリップ(クレストール)10mg


ロザリップ(クレストール)10mg


ロザリップ(クレストール)10mgは、高コレステロール血症や、先天的に起こる高脂血症のひとつである家族性高コレステロール血症などの脂質異常症を治療する薬です。コレステロール値を下げるには、コレステロールの約8割は肝臓でつくられるため、肝臓でのコレステロール合成を抑制するのが効率的です。有効成分ロスバスタチンは、肝臓でのコレステロール生成に関係するHMG-CoAリダクターゼ還元酵素に結合し、不活性化させる、スタチン系薬剤です。 さらに余分なコレステロールを胆汁酸として排泄させる働きもあります。ロスバスタチンは、コレステロール生成を抑制しつつ肝細胞のコレステロール取り込みを増強させて、強力に血中コレステロール減少させます。

コレステロールは、ホルモンやビタミン、体内に細胞の細胞膜などをつくる脂肪分で、人体にとって必須物質です。約8割は肝臓などで作られ、残りは食物から摂取されます。LDL-コレステロールは動脈硬化などを引き起こす原因となることから、悪玉コレステロールと呼ばれます。善玉コレステロールと呼ばれているHDL-コレステロールは、体の各部分から余分なコレステロールを取り除いて肝臓に再送したり、LDL-コレステロールの酸化を防ぐため、動脈硬化防止の働きもあります。この2つのコレステロールは、通常バランスを保っています。しかし脂質異常になると、LDL-コレステロールの割合が増え、血管が詰まりやくなってしまいます。

ロザリップ(クレストール)10mg

リプロレス(フェノフィブラート)145mg


リプロレス(フェノフィブラート)145mg


脂質異常症は、以前に高脂血症とよばれていた病気のことで、血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪が高くなっている状態です。血液中に過剰な脂質があると、血管の壁にこびりつき、血液の流れを悪くするだけでなく、動脈硬化を促進するといわれています。動脈硬化とは、血管が硬くなる状態をさし、将来的に狭心症や心筋梗塞などの心血管疾患、脳梗塞や脳出血などの脳卒中を引き起こす原因になります。

リプロレスには、血液中の中性脂肪やコレステロールを下げる作用があります。血液中の脂質を下げる薬にはいくつか種類がありますが、リプロレスはフィブラート系とよばれています。中性脂肪が血液中から消失する速度を速めたり、体内で合成されるのを防ぎます。また、肝臓でコレステロールが生成されるのを抑制し、早く排出されるようにはたらきかけます。悪玉コレステロールが動脈硬化の原因といわれていますが、悪玉コレステロールは下げ、善玉コレステロールはむしろ増加するという効果が期待されています。善玉コレステロールは、長寿の方に多く見られるなどの報告があります。中性脂肪を下げる作用が強い薬として知られているので、中性脂肪は正常範囲でコレステロールのみ高い方には推奨されません。臨床試験では、糖尿病を合併している中性脂肪の高い方が内服すると心筋梗塞などの発症率を約10%減少したことが報告されています。

リプロレス(フェノフィブラート)145mg
最新記事
カテゴリ